2012年06月07日

英文メール作成支援ソフト『カクスケ』の使い具合

ALCのビジネスEメール速習パック ライティングエイドを受講すると、「英文メール作成支援ソフト『カクスケ』」が付属してきます。そのまま使える文例が300本以上はいっていて、必要な文章を検索ですぐに探しだすことが出来ます。

これが結構スグレモノで、これだけで受講費用のお釣りが来るぐらいの価値があると思います。慣れるまで若干の使いづらさはありますが、慣れればさくっと英文のビジネスメールが作成できます。

手順としては、1.「文書選択機能」でテンプレートを選ぶ、2.相手の名前やら日付やらをエディタで変更する、3.もう一言気の利いた言葉をおまけに付け加える(これも検索で雲上を探せます)、で英文Eメールが完成、あとは送るだけ。簡単です。

ただ、こちらから完成度の高い英文メールを送ると、返事も容赦なし・手加減ナシの英文で返ってきますので、逆に苦労することも・・・。

確かにソフトの力を借りて比較的簡単にメールは書けるようになりますが、やはり基礎的な英語力はつけておかないと・・・ですね。
posted by KEN at 00:27| ライティングエイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。