2012年06月08日

英語でのメールの書き方やマナー

英語でのメールの書き方やマナー・・・受験英語で育ってきた我々日本人には、なかなかに苦手科目のはずです。

ビジネスメールでの慣用句、「いつもお世話になっております」や「取り急ぎ、以上よろしくお願いします」など、これらはどう英語で表現すればいいのか、いや、そもそもこんな形式張った挨拶を書く必要があるのか、これとは違った英語のメールの決まった形や言い回しがあるのでは・・・悩みはつきません。

また同じ事を意味するにしても、スピーチレベル(丁寧さの違い)が統一されていないとヘンテコな文章に。その点、「ビジネスEメール速習パック ライティングエイド」では一つのことについて数種類の言い回しが紹介されているでの、役に立ちます。また、コラムも読み物として知的好奇心をそそられる面白いものばかり、日英文章の考え方の違いなどの、メール作法を学ぶ上でもとてもためになりますね。

E-mail特有の簡潔かつ失礼でない書き方を学びたいなら、イチオシです。
posted by KEN at 03:02| ビジネスEメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。