2012年06月10日

技術系でも英語が必要な時代・・・

一昔前なら、英語でEメールを書くなど商社の社員や海外支社を多く持つ大企業、一部の国際部門の社員だけに限定されていたものですが・・・。今や日本国内から次々と産業が国外へ逃げ出していく時代。社内公用語は英語なんて会社もありますが、そんな極端な英語化は別格にしても、海外とのメールのやり取りは中小企業でもあたりまえになりつつあります。

TOEICのスコアを要求する企業も増えてきていますし、要求されなくても最低限の英語でのコミュニケーションは要求される人は増えてきているはず。英語がまるでダメなのに、いきなり海外出張を命じられたりとか・・・胃が痛くなりそうです。

技術系だから英語は関係ない・・・でいられたのはもはや過去。オフショアで他国の「スタッフ」とメール討議や打ち合わせなどなどもはや当たり前になりつつあり、技術系社員であってももはや英語と無縁でいられる人は次第に少数派になりつつあるといえるでしょう。こんな日本に誰がした・・・。

しかし嘆いてみても始まりませんし、まずは英語のEメールの書き方の勉強から始めないと、ですね。
posted by KEN at 23:18| ビジネスEメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。